わたしの本箱

コメント集(23)

HOME > 体験編 > 私の本箱 > 読書リスト > コメント集(23)

  1. 前ページ
  2. 服従
  3. 植物はなぜ動かないのか
  4. 国家とハイエナ
  5. アルゴリズム革命の衝撃
  6. 幼児化する日本社会
  7. クオレ
  8. 砂の女
  9. アメリカ歴代大統領の通信簿
  10. 漂流するトルコ
  11. トルコのもう一つの顔
  12. DNAでたどる日本人10万年の旅
  13. 人は「感情」から老化する
  14. 人とサルの違いがわかる本
  15. オリバー・ストーンが語る日米史の真実
  16. 同性愛の謎

服従 Soumission * Michel Houellebecq * 大塚 桃・訳 * 河出書房新社 * 2017/01/20

ソルボンヌ大学の若き教授、フランソワはデカダン作家と言われる、 Huysmans の研究家。パリに住み、女子学生たちを恋人に、独身生活を享受してきたが、2022年(つまり2017年の次の選挙)に大統領選挙が行われて、彼の生活はひっくり返る。

それは、イスラム同胞グループが、正弐の中に入り込んできて、ついにフランスにイスラム教徒の大統領が誕生したのだ。彼は即座に首にされるが、退職金や年金はたっぷりもらえた。

しかし恋人はイスラエルに去り、正弐に揺れる首都から地方都市を回るうち、学部の上司にあたる人に出会い、イスラム教に基づく新しい教育体制を聞かされる。そして、優秀なフランソワは再び大学に戻るようにと頼まれるのだった。

パリに戻ったフランソワは Huysmans ゆかりの修道院を訪れたり、大学のパーティに招かれたりして、次第にイスラム教に対する理解を深め、ついには大学に復帰する決心をする。新学期にはイスラム教のベールをかぶった女子学生を迎えることになるはずだ。

上へ

植物はなぜ動かないのか * 稲垣栄洋 * ちくまプリマー新書 * 2017/01/26

植物は動物と違って地味な存在ながら、その生活誌には驚くべきものがある。自らがある場所に根を張って、動けないから環境の中で強く生きるためには自らを変えなければならない。

しかも植物は動物に食べられる存在だから、食べられないような戦略を立てたり、逆にどんどん果実や蜜を利用してもらって相手と利益を共有するという戦略も可能である。

そして、植物間の激しい生存競争は動物の場合と同じで、自分に最適なニッチを見つけて競争を避け、その代わり過酷な環境と戦ったり、環境変化に巧みに適応していったりする能力をフルに総動員して生き続けていく。

人間の育てている人間の育てている野菜や穀物は、手厚い保護のもとに生きているので、そのような能力をすっかり失っているが、野生の植物は常に高度な潜在能力を秘めている。それは雑草も例外ではない。意外にも雑草は植物の中でも特に進化を遂げた種類らしい。

上へ

国家とハイエナ * 黒木亮 * 幻冬舎 * 2017/02/02

グローバリゼーションと英米式の新自由主義経済の生み出したものとして、重債務国を食い物にする投資ファンドの存在がある。重債務国は、たいてい、そこの権力者が汚職やわいろを通じて私腹を肥やし、一方では国民は飢餓直前の直前に置かれている。

権力者が去ると、後に途方もない債務が残されるが、それは国際間の取引を通じで、二束三文で買いたたかれ、それをハイエナたちが買い求める。そして直接に債券を引き受けたわけではないこれらのファンドが、情報網と裁判を通じて重債務国のわずかに残った財産を片っ端から差し押えにかかる。

この行為は、新たに法律が定められるまでは違法ではない。堂々とこのような貧しい国々から金を巻き上げ、最初の投資の10倍以上のリターンを誇る。この本は、ある投資ファンドを中心に、小説風な構成でペルーからアルゼンチンに至るいくつかの国が彼らによって干しあげられる様を見事に描いている。

上へ

アルゴリズム革命の衝撃 * 櫛田健児 * 朝日新聞出版 * 2017/02/09

タイトルの前には「シリコンバレー発」が添えてあり、シリコンバレーで今起こっていること、すなわちチャンスがあれば、自らのアイディアを試したい起業家グループと、何とかして発展する会社を育てたい投資家たちのエネルギー噴出が描かれている。

そして、それが今までのシリコンバレーと異なることは、IAを中心とするアルゴリズム革命、つまり「究極の自動化」が実際に進み始めたことだ。これは今までのIT革命がのんびりしたものに見えるほど、急激に加速化している。

でもこの現象は一夜にして現れたものではない。シリコンバレーで、スタンフォード大学を中心に育ってきた企業育成の環境が、地球の他の地域ではまねのできない形で実現できたからだ。

日本も手をこまねいているわけにはいかないが、人材交流や意思決定の迅速さで後れをとる日本の大企業は、ただシリコンバレーをまねすることを考えるのでなく、いかにうまく提携して実際のプロダクツを生み出していくかを考えるのが賢明だろう。

上へ

幼児化する日本社会 * 榊原英資 * 東洋経済 * 2017/02/19

物事を多元的に判断せず、黒か白かの一方的な判断だけで物事を決めつけてしまう風潮は、テレビの普及によって始まったと言えるが、それに加えて、ITの発達により一層拍車がかかった。それらを筆者は”幼児化”と呼ぶ。

世界の現象は複雑に入り込んでおり、それを一刀両断に理解しようというのは、精神の怠惰の表れである。安易な結論を急ぐあまり、人々は、マスメディアの意見をうのみにし、自分の考えを持たないまま、権力者によって繰られることになる。

これは、グローバリズムと拝金主義が蔓延する現代社会において一層顕著になった。それが大衆に媚びるポピュリズムとなり、行き先の見えない、視野の狭い社会思潮が出てくることになった。それが、政治、経済、教育のすべての分野に浸透してきている。

上へ

クオレ Cuore * De Amicis * 前田晁訳 * 岩波少年文庫 * 2017/03/10

エンリーコはトリノ市に住む小学4年生で、新学期の10月から翌年の7月までの学校生活を日記風につづる。担任の先生、級友たち、それも仲がいいのや意地悪なのや様々な人間に囲まれて毎日を過ごしていく。

統一を達成したばかりのイタリアにまつわる話も登場する。大変愛国的な内容が出てくるが、決して右翼的な文章ではない。周りの列強をはねのけて、それまでばらばらだった国家を作ったという気概にあふれている。

両親との手紙でのやり取りもあり、両親はエンリーコにいろいろな経験をさせるためか、病院やろうあ学校などにも連れていく。おぼれた人を助けたり、馬車にひかれそうになった子供を助けた少年の話も出てくる。

さらに、学校生活だけでなく、先生が月に一回してくれる短いお話も収録されている。19世紀のこの時期はまだ若くして亡くなる人も少なくなかった。級友の母の死や教師の死などがエンリーコの周りで起こる。

上へ

砂の女 The Woman in the Dunes 2017/03/18

ある教師が、昆虫採集のため砂丘付近を歩いているときに、穴に落ち込んだ。穴の底には民家があり、女がいた。絶え間なく飛んでくる砂のために、この部落の海岸に面したところは、たまった砂をどんどん運び出さなければならない。

彼はここに監禁され、脱走を試み、絶望的な状況に陥る。だが、前から住んでいた女はこの状況に適応し、別に外に逃げ出したいとも思わず、せっせと毎日砂掻きとその他の家事に従事している。外から見れば異常な世界も、ここでは日常なのだ。

脱走に失敗した後、男もいつの間にか砂堀りの生活に適応し、新たな慰みも得て、別に今急いで自由ににならなくてもいいというような心境になる。自分がそれまでいた”現代社会”も砂の穴と大して違わないことに気づいたのだ。

上へ

アメリカ歴代大統領の通信簿 * 八幡和郎・他 * 祥伝社黄金文庫 * 2017/04/04

アメリカ大統領の、それも第1次世界大戦以後の世界への影響力は、非常に大きい。にもかかわらずこれまで一人一人の業績や失敗について、詳しく接する機会がなかった人が多いだろう。

アメリカの歴史を、社会史、経済史、階級史から眺めることは多くても、大統領個人の立場に絞ってそれぞれの時代を考えるのも、新しい視点で面白い。

トランプ大統領が就任して間もなく、この大統領がこれから何をしようとしているか、希望や不安の入り混じる中、アメリカ大統領の職がこれまでどうだったのかをおさらいすることは大変意義のあることだ。

しかもこの本にはAからEまでの(著者による)評価もついていて、彼らの持っていた能力のみならず、その時代との適合性なども考え併せて、これまでたどってきた歴史の流れを検討することができる。

上へ

漂流するトルコ(続「トルコのもう一つの顔」) * 小島剛一 * 旅行人 * 2017/04/25

著者はストラスブール在住の言語学者。日本にいたのでは旅行をする時間や、自由な研究ができないことから、フランスに住むことに決めた。そして専攻はトルコの国内における少数民族の諸言語である。

だが、トルコという国は、オスマン帝国が解体した後にできたいくつかの国の一つで、国内には帝国時代にまじりあって暮らしていた諸民族が多種類存在するのに、それを認めようとせず、トルコ語以外を使用すると投獄されるようなところだった。

著者は、その研究のために、トルコ国内の町や村を訪ね、語彙を収集したり用法を確認するために、多くの現地の人々の協力を仰いだ。だが、政治や経済にかかわりを持たない地道な研究であったにもかかわらず、官憲からにらまれるようになる。

前著「トルコのもう一つの顔」で、一回目の国外追放処分を受け、この本では2回目の、そしておそらく最後の国外追放をされるまでの、フランスとトルコの間の行き来、トルコ国内での知人友人との接触を描いたものである。

2010年の出版なので、2017年現在の激動するトルコは、述べられていないが、すぐれた文化遺産や自然遺産のほかに、検閲、拷問、拘束が日常茶飯事であるこの国のもう一つの顔を知るのに必要な本である。

上へ

トルコのもう一つの顔 * 小島剛一 * 中公新書1009(Amazon Kindle) * 2017/04/30

「漂流するトルコ」の前編である。こちらはフランスのストラスブールに住み着いて、トルコの事情を研究するうち、トルコ各地の少数民族の話す言語を研究し、その分野において、たいへん詳しくなった経緯が描かれている。その年代は、1968年から1990年にかけての出来事だ。

その研究はスムーズにいったのではなく、トルコが”トルコ民族”以外の存在を認めない政治・社会体制のもとにあるものだから、政府や軍部に目をつけられ、各地に研究に出向くのにも、随行員をつけられるなど、およそ民主主義の国では考えられない扱いを受け、最後に(第1回目の)国外追放を受けることになる。

ここに描かれているのは、遺産や観光資源に恵まれた親日的なトルコなどではなく、およそ民主主義体制からはほど遠い、拷問と拘束が日常茶飯事に行われる国であることだ。そもそも世界中の国で、何らかの自由を享受できるのは全人口の2%ぐらいなのだろう。

正弐の自由がないのは当然としても、トルコでは純粋な学問的研究でさえも、正弐の色眼鏡をもって見られる。そしてなんといっても大きいのは、正確な情報を伝える教育の欠如だ。だから独裁者と軍部がかわるがわるこの国を支配しており、それは今日になっても(エルドアン大統領の例の通り)少しも変わっていない。

上へ

DNAでたどる日本人10万年の旅 * 崎谷満 * 昭和堂 * 2017/05/07

日本人がどこから来たのかについては、長い間結論が出なかったが、DNA分析のおかげで、かなりの部分がわかりかけてきた。現代日本人の遺伝子のパターンを調べてみると、今から10万年前にさかのぼり列島の北から南からそして西から、様々な地域から様々な年代に移住してきたらしい。

しかもそれぞれのグループが、他のグループによって抹殺されることなく、うまく吸収され、現在に至るまで国民の中に共存しているのだという。日本に渡ってきた最大の理由は、ユーラシア大陸での激しい生存競争に敗れ、あるいは追い出されて、ようやく気候が温暖で住みやすい土地を見つけたことだ。

今でいえば”難民”だったのかもしれないが、海があるおかげで、中央アジアの大草原にみられるような大規模な移動ではなく、さみだれ式に少しずつ渡ってきた可能性が高い。これはまた、日本語の起源をわかりにくくする原因にもなっている。

つまり、新しく来た人々によって古い言葉が新しい言葉に置き換えられたのではなく、最初の移民によってもたらされた言語が”大和言葉”として成立し(西九州?)、少しずつ入ってくる人々によって混合され、変容してきたのだともいえる。そのため日本語は、ほかにあまり近しい語族がない、つまり孤立語になったのかもしれない。

だから日本は、ある意味で東の端の”避難所”だったのかもしれない。大陸で一番”気の弱い”人々のたまり場になったのだ、という説を聞いたことがある。だから日本語の場合、否定語は文の後々まで取っておかれ、話し相手を怒らせないようにしているというのだ。あるいは敬語が発明され、ぼかした表現が好まれるというのだ。

上へ

人は「感情」から老化する * 和田秀樹 * 祥伝社新書 * 2017/06/02

高齢化社会だけに、このタイプの本は非常に多いが、普段から私は、人々が「しわの数」だの「血圧」だの「運動不足」だのが”老化”における最大の関心の的であることに疑問を抱いていた。このような肉体的な衰えだけが老化なのだろうか?

歯医者の待合室で見つけたこの本は、「肉体能力」「知的能力」の二つ以外に、「感情」の衰えに注目している。著者が精神医学の研究者であることで、隠れた、そして多くの人々が意識していない、重大な兆候を指摘してくれている。

「頑固おやじ」「感情がコントロールできない」「変化に対応できず保守的な考えに固執する」「夢中になるもの、感動するものが見当たらない」など、いわゆる精神の柔軟性の欠如に注目しているのだ。たいていの人々は、記憶の衰えを話題にするが、それよりも記憶するときの注意力や関心の衰えのほうが重大な問題をはらんでいるのだ。

上へ

人とサルの違いがわかる本 * 杉山幸丸 * オーム社 * 2017/06/08

これまで人間の自然の中での地位について、最も厄介な誤解は、人間が”万物の霊長”であり、神の次に偉大であるということだろう。それは現代の文明の基礎にもなっている考え方だ。だが、ほかの動物との比較研究は、それがまるで恣意的な主張にすぎないことを日々確実にしている。

その最たるものが、最も遺伝的に近い動物、つまり類人猿たちとの比較だ。その違いと共通点について、身体的にも知的にも感情面についても、綿密に調べ上げ、あらゆる角度から検討して、ようやく人間像が明らかになってきつつあるのではないだろうか。

この本によれば、人間とサルとの間の“溝”は、昔に比べてだんだん埋められてきており、根本的な違いと言えるものは次第に減ってきて、逆に“連続的な“違いと言えるものが次第に数を増してきているということだ。これは、今後人類がAIを扱うときにも大切な知見となっていくだろう。

上へ

オリバー・ストーンが語る日米史の真実 * オリバー・ストーン+ピーター・カズニック+乗松聡子 * 金曜日 * 2017/07/15

映画監督のオリバー・ストーン、歴史学者のピーター・カズニックの二人は、アメリカ現代史を見直し、それまでのアメリカ政府やメディアによって提示される歴史とは異なった側面を若い世代に伝える仕事をしている。

その二人が、カナダの運動家、乗松聡子とともに日本にやってきた。広島、長崎、東京、沖縄を訪れ、日本の戦後が、アメリカ政府の場合と同じくして、きちんと真実を伝えず、また戦争中の“加害者”としての責任を逃れてきたことを指摘する。

アメリカの原爆投下の理由、いつまでも沖縄を日本政府が置き去りにして、米軍基地の永続化をなし崩し的に続けている状態をこれから何とかしなければならないと主張する。大切なことは、“健忘症”である人類に、きちんと歴史教育を行い、それを若い世代に伝えていかないと、人間は獣と同じになってしまうということだ。

上へ

同性愛の謎 * 竹内久美子 * 文春新書844 * 2017/07/17

人間社会でも動物社会でも、常に一定の割合で存在する同性愛については、過去においては、そして現在でも遅れた地域では差別と偏見の対象になっているが、これをまじめに研究し、その姿を明らかにしようとする努力が、ようやく実現しようとしている。

胎児が、男の脳か女の脳に分かれて発育しているとき、遺伝的、外形的性別とは反対の性の方向に脳が形成されるときに、同性愛的傾向が生まれるらしい。兄がたくさんいる場合に男性の同性愛者が生じやすいのも、それらが遠い原因になっていると思われる。

また、いつの時代でも一定の割合の同性愛者が存在し、種の中から消えてなくなることがないのは、繁殖力の強さをつかさどる遺伝子と、同性愛的傾向をつかさどる遺伝子が同じ染色体の上に載っているからだという説が有力である。

上へ

来月更新に続く

HOME > 体験編 > 私の本箱 > コメント集(23)

© 西田茂博 NISHIDA shigehiro

inserted by FC2 system