映画の世界

コメント集(50)

H O M E > 体験編 > 映画の世界 > コメント集(50)

  1. 前ページ
  2. Boulevard 並木道
  3. 春桜ジャパネスク
  4. 東京流れ者 Tokyo Drifter
  5. 関東無宿 Kanto Wanderer
  6. 野獣の青春 Youth of the Beast
  7. 夢 二
  8. 殺しの烙印 Branded to Kill
  9. ルパン3世 バビロンの黄金伝説
  10. 探偵事務所23 くたばれ悪党ども
  11. 陽 炎 座
  12. 肉体の門 Gate of Flesh
  13. 西鶴一代女
  14. サンダカン八番娼館
  15. さくら隊散る
  16. 人 間
  17. ぼくの伯父さんの休暇
  18. Playtime
  19. L'illusionniste

今年見た映画つづき(2017年)

Boulevard 並木道 2017/04/05

モンマルトルのピガール広場の屋根裏部屋に住むジョジョはまだ未成年なのに、同じアパルトマンのストリップの踊り子ジェニーに惹かれているが、実は父親が継母と暮らし始めたので、それを嫌って出てきたのだ。

いつも空腹だが、雑誌の販売、彫刻家のモデル、をやって小銭を稼ごうとしてもうまくいかない。ジェニーの元ボクサーの恋人には、馬鹿にされる。そして恋心を抱いた同じ年の少女マリエッタとのデートのお金もない。

何もかもうまくいかないことだらけで、自暴自棄になったジョジョは屋根裏部屋から屋根に上って、この世に悪態をつき、ネオンサインの電球を思いっきり叩き壊す。でも隣人たちが必死に止めにかかってくれ、そして父親も・・・ ➡資料?O???????N

上へ

春桜 ジャパネスク(鈴木清順 オリジナル・ビデオ) 2017/04/07

山道をトラックがやってくる。荷台には満開の桜の木が積まれている。運転している男は、道をふさぐ若い娘に、乗せてくれるように頼まれる。男は桜が大好きで、どこかで余った桜の木を植える場所を探して歩いているのだ。

一方、娘のほうは、犯されてさ迷い歩いていたのだった。男はもし桜の番をしてくれるなら、ずっとトラックに乗せてやるというが、娘は自分を抱くよりも桜のほうが気になる男から何度も逃げ出そうとする。

何回かの逃亡のとき、娘は、男が「桜泥棒」として指名手配されているのを知る。愛想が尽きた娘は本当に出て行ってしまうが、あとを追う男の目の前で、自害して果てる。その跡には若い桜の木が枝を伸ばしていた…➡資料?O???????N

上へ

東京流れ者 Tokyo Drifter 2017/04/08

堅気になって間もないテツだったが、かつての親分倉田への義理は守り続けるつもりでいた。だが、倉田の仇敵たちは金貸しを罠に陥れ、殺す。彼らを押しとどめておくため、テツが殺しの罪をかぶることになり、恋人の千春を残し、倉田の舎弟たちの住む地方に流れることになる。

だが、雪深い庄内では地元のやくざ同士の争いに巻き込まれ、そこをまた離れ、日本各地を流れることになる。そして佐世保にたどり着いた時、倉田が仇敵の要求をのんで、テツを消すことを了承した。思いがけない裏切りに、テツは急遽、上京する。

テツが死んだと知らされた千春が無理やり歌わせられているところで、テツは突然現れ、敵を撃ち倒す。そして倉田の目の前で、縁を切るしるしとして、ワイングラスを握りつぶすのだった。流れ者に女はいない。千春を一人残し、テツは去ってゆく。➡資料?O???????N

上へ

関東無宿 Kanto Wanderer 2017/04/11

関東無宿落ち目の伊豆組の若い衆、鶴田は何とか組を立て直そうと奔走している。だが、それまでの賭場の衰退を食い止めようとしても、親分や弟分たちの弛みにはなすすべもない。

ある日、自分たちより羽振りの良い吉田組の一人”ダイヤモンドの冬”を訪ねたところ、応対に出たのが、姉の辰子だった。夫と共謀してインチキ花札をやっていたのだが、鶴田はこの女にいやおうなく惹かれてしまう。

だが、吉田組との争いから鶴田は、仁義の道を全うすべく、10年の刑期を覚悟で二人を切り倒した。一方辰子の弟、冬もそそのかされて伊豆組の親分を撃ち殺し、これまた長期の刑を食らうことになる。二人が出るころには世の中はすっかり変わっているだろう。➡資料?O???????N

上へ

野獣の青春 Youth of the Beast 2017/04/27

野獣の青春3年前に、やくざの罠にかかり刑務所にぶち込まれた、元刑事のジョーは、復讐のために野本興業に”就職”する。その能力を認められたあとは、野本興業と敵対関係にあるやくざと連携して、この二つの団体の壊滅を狙う。

ジョーには竹下という警察時代の先輩がおり、謎の心中事件で死んだのだが、彼は他殺の疑いを持っていた。その殺しの犯人はどうやら野本興業の中にいるらしいのだ。そしてそれは社長の愛人の一人であるらしい。

野本興業の幹部に疑われて拷問されたり、九死に一生を得ることもあったが、ついにその真相を明かす機会が来た。昔の警察の同僚の忠告も聞かず、ジョーは単独で、この事件を解決するために奮闘するのだった。➡資料?O???????N

上へ

夢二 2017/04/29

夢二竹久夢二は、東京で肺の病に侵された女を置いて、金沢に向かう。そこでは湖に沈められた夫をボートで探す女がいた。夫はほかの女との浮気の最中に、その女の夫に殺されたのだという。夢二はその女とねんごろになる。

ところが、その夫は生きていた(またはその幽霊だった?)。そして殺しそこなった男は付きまとい、もう一度殺そうとする。一方、夢二には嫁入りのときに花嫁の着物の片袖を引きちぎって、描こうとした若い女がいた。そのころ東京から、肺に侵された女が金沢まで追いかけてきた。

夢二のために、その女は残ったもう一方の袖を引きちぎり、夢二はその中にインスピレーションを得て、着物の白地に新たな絵を描く。女たちは次々と現れ、自分をモデルにして夢二に描いてもらいたいのだ。➡資料?O???????N

上へ

殺しの烙印 Branded to Kill 2017/05/02

殺しの烙印炊きたてご飯が何よりも好きな花田は殺し屋ナンバー3である。ドジを踏んだ仲間に代わって、ある人の護衛を引き受け、何とか成功する。そのあといくつかの依頼を引き受け、自慢のライフルで次々と仕事を片付けていく。

だが、帰り道に拾った女、美佐子に頼まれた件は失敗してしまう。失敗どころか、一連の仕事のつながりがあったため、美佐子は誘拐され行方不明になり、逆にほかの殺し屋たちに狙われることになる。だが、何とかナンバー2,4,5などは片づけた。

しかし、ナンバーワンに狙われた。彼は花田よりはるかに腕が上のようで、常にもてあそばれる。だが、ボクシングリングでの最後の戦いのとき、花田はナンバーワンを消せば、自分が代わりになれるのだと言い聞かせて、暗闇に潜む敵に向かって発砲するのだったが…➡資料?O???????N

上へ

ルパン3世 バビロンの黄金伝説 2017/05/05

ニューヨークで、ルパンはあるおばあさんと知り合いになる。そのおばあさんによれば、マンハッタンの地下から出土した楔形文字の粘土板が示しているのは、バビロンにはどこかに埋もれた黄金があるのだという。ルパンはさっそく黄金のありかを見つけようとするが、銭形刑事の妨害、ギャングたちに狙われるなど、なかなかはかどらない。

ようやくバビロンで、塔の遺跡を発見し、そこで黄金の獅子をみつける。これで解決したかに見えたが、なんだかその獅子は小さく、物足りない。もしかしてほかにもあるのではないか?その時ルパンにひらめいたのが、マンハッタンの地下だった。

やはり黄金は、そこにあった。しかしハレー彗星が地球に最接近する夜、黄金の塔がマンハッタンの地下から姿をあらわす。と同時に、あのおばあさんの正体がわかって、彼女が故郷に帰るこ夜にあたったのだった。➡資料?O???????N

上へ

探偵事務所23 くたばれ悪党ども 2017/05/08

探偵事務所23探偵事務所23の所長、田島は悪党どもが取引をする際に、さらにその上前をはねる悪党がいることを突き止め、彼らの子分を捕まえた熊谷警部に協力を申し出る。拳銃と偽の証明書をもらった田島はその足で、ガソリンスタンドに偽装した彼らの本部に”就職”する。

だが、すぐに身元がばれてしまい、双方はキツネとタヌキのバカしあいの様相を帯びてくる。悪党どもの女、千秋は実はこのグループから抜けたがっていたが、そこに田島が現れたので、少しずつ彼に協力をするようになった。

盗聴して得た情報をもとに、田島は地下室に潜り込み、そこに隠された銃を突き止めるが、一緒に入ってきた千秋とともに、焼き殺されそうになる。だが、田島の機転で、悪党どもの相打ちをさせることに成功し、警察は彼らを一網打尽にする。➡資料?O???????N

上へ

陽炎座 2017/05/10

陽炎座大金持ちの玉脇はドイツ留学のときに連れ帰ったイネを妻にしたが、帰国後に新たに品子を新しくめとった。イネは病気で死に、品子が正式の妻となったが、たまたま、品子がイネの見舞いに訪れた時に出会ったのが、玉脇の友人で作家の松崎である。

松崎は、品子に心惹かれるが、そのあと偶然にか4回も彼女と会う。だが、イネが死んでも、二人の女の情念の争いに巻き込まれてしまう。夫の玉脇を愛していなくとも、二人とも意地の張り合いで、金沢に出向いても続いた。そして玉脇は松崎が品子と心中するのを見物したいのだという。

子供だけでやっている芝居(陽炎座?)があり、その芝居ではこの二人の女の生きざまが描かれていた。それが明らかになるにつれ、松崎もすっかり飲み込まれて、品子と一緒に心中をしたくなる。品子は自分の魂をほおずきの中に閉じ込めて吐き出した・・・➡資料?O???????N

上へ

肉体の門 Gate of Flesh 2017/05/12

肉体の門戦争直後、荒廃した闇市の中を、アメリカ進駐軍の Miltary Police が巡回する。5人のパンパンは仲間を組み、自分たちの縄張りを守って、生きるために奮戦していた。そこへ復員した強盗殺人者の伊吹が、足にけがをして彼女らの隠れ家に転がり込んでくる。

その荒々しい生き方に、伊吹は女たちの尊敬を集めるようになる。或る夜、仲間の一人が金を受け取らずに寝るという、彼らの掟を破ったためにリンチにかけられる。だが、マヤは実は伊吹にひかれてしまっていたのだ。

マヤは伊吹と寝て、初めて男を愛するということを知るが、同じくリンチにかけられることになる。仲間外れになれば、明日から食べていくことができない。伊吹を唯一の希望としたマヤだったが、橋のたもとに行くと、MPに犬のように撃ち殺された伊吹が残した、出征のときの寄せ書き日の丸の旗が流れていくのだった。・・・➡資料?O???????N

上へ

西鶴一代女 The Life of Oharu 2017/06/02

西鶴一代女お春は洛中に両親と暮らしていたが、諸国の青年に言い寄られ、一緒にいるところを見つかって、青年は打ち首に、お春は両親とともに洛外へと追放される。ところが、ある大名に跡継ぎがいないので、側室を募集していて、お春は殿の要望にかなってしまう。

男の子を産んだのだが、正室に疎まれ、暇を出されてしまう。お春の父親が呉服を多量に仕入れて借金漬けになり、返済のためお春は島原の郭(クルワ)で働くことになる。だが、その雰囲気に合わず、花街からも追放されてしまう。そのあと親戚の店に奉公することになるが、郭で働いていたことがばれて居られなくなる。

西鶴一代女お春に惚れていて、自分の店を持てるほどの有望な青年に見初められ、結婚して幸せな暮らしが始まった矢先、夫は追剝に殺される。いっそのこと尼になろうとするが、トラブルで誤解され、お寺からも追放されてしまう。

行き倒れになるところを、街の女たちに救われ、自分もその商売を始めようとするが、参詣のリーダーに、「こんな化け猫」の実例だと、みんなの前で説明されてしまう。お寺の羅漢を見て、昔の男を思い出しているところで気を失い、気づくと母親がそばにいた。

自分の産んだ子が成人したのだという。だが、これまでの身を落とした生活のために、子と面会することは許されず、その場を抜け出したお春は、托鉢僧になって、本当に出家していくのだった。・・・➡資料?O???????N

上へ

サンダカン八番娼館 望郷 Brothel No.8 2017/06/06

サンダカン八番娼館女性史を研究する三谷恵子は、天草で”南方”に行ったことがあるという老婆オサキに出会う。話を聞きたいが、村人たちの口がうるさくて、なかなか教えてくれない。だが、1週間もするうち、少しずつオサキは三谷に心を開くようになった。

オサキは家庭が貧しく、明治末期13歳で、ボルネオのサンダカンという町の娼館に売られた。そしてほかの若い娘とともに客をとらされる。一度は自分と結婚してくれるという男にも出会ったが、果たせないまま、娼館の女主人が死ぬまで居続けた。

時代は変わり、このような「からゆきさん」は、日本の恥だと受け入れられなくなった。オサキは天草に戻るが、そこには差別の冷たい目があった。満州で結婚をしたが、夫に死なれ、一人息子は嫁を貰って別居している。

三谷は最後に自分の身分を明かすが、オサキはそれまで黙っていたことを少しも責めることなく、受け入れてくれた。三谷はそののちボルネオを訪れ、からゆきさんの墓参りをする。墓はみな日本に背を向けていた。・・・➡資料?O???????N

上へ

さくら隊散る 2017/06/14

さくら隊散る日本が戦争に向かって突っ走っていたころ、日本の新劇のグループは、軍部によって解散させられたり、公演の禁止措置を受けたりしていた。なかには、軍隊の慰問に出たり、地方興行に出た劇団もあった。

その中に若き役者、丸山定夫率いる9人のメンバーからなる、「さくら隊」もあった。八月は、中国地方を巡業し8月6日には、広島市内にいた。そしてあの悪魔の閃光を受けたのだった。丸山は他の劇団員によって発見され、園井恵子は、高山象三とともに先輩の家に駆けこみ、仲みどりは東京の母親のもとに帰った。

だが、4人とも脱毛、傷の悪化、高熱を起こして、数日後に死んだ。他の団員は現場で骨となって掘り出された。このドキュメンタリーは、彼らの仲間、後輩、先輩の言葉を随所に入れながら、劇団の姿とその運命を追っていく。・・・➡資料?O???????N

上へ

 2017/06/16

狼矢野明子は戦争で夫を失い、兎口で言葉がうまくしゃべれない幼い息子と二人暮らし。どこにも職が見つからず、ついに生命保険の勧誘員となった。だが、はじめ22人いた新人たちも、次々と落伍し、ついに5人となった。しかも明子の場合はまだ一口も契約が取れていない。

この五人はいずれもどうしようもないところまで追いつめられていたが、お互いに親しくなるにつれて、“強盗”を思いつく。三浦半島の人気のない海岸を通る、郵便車を襲ったのだ。計画は成功し、一人7万円ずつ分け前をもらい、それで借金を返したり、手切れ金を払ったり、家賃を収めたり、そして明子の場合には息子の手術をすることができた。

だが、“素人”強盗であるこの5人はたちまち、警察に探知されてしまう。男3人は次々とつかまり、女一人は自殺し、最後に明子も、息子の手術の経過を見ようと病院にやってきたところに、手錠が待っていた。・・・➡資料?O???????N

上へ

人間 2017/06/27

人間石積み船「海神丸」の船長、亀五郎は、お盆の前にひと働きしようと、甥の三吉、若い衆の八蔵、そしてたまたまアワビを売るために便乗させてもらった女、ゴロスケを乗せて船出する。ところが嵐に遭遇し、燃料を失い舵が壊れ、船は漂流を始める。

金比羅さまを信じる亀五郎は、食べ物の配給を決め、決して生きる希望を失わないようにと、ほかの3人に言い含める。だが、10日、20日たっても状況は悪くなるばかり。空腹に我慢ができなくなった八蔵はゴロスケを巻き込んで、自分たちに食料を分けるようにと要求する。

だが、結果はもっと悪くなり、八蔵は殺して食うのだと、三吉を刺し殺してしまう。そこへ2回目の嵐がやってきた。亀五郎の予言通り、サンフランシスコから帰港中の船に、ギリギリのところで救助され、三人は命を取りとめる。だが、助けてもらった船の中で、悲劇が待ち受けていた。・・・➡資料?O???????N

上へ

 2017/06/29

母民子の父親は女をつくり、兄、弟、母を残し家を出てしまった。民子の最初の結婚は夫の戦死、2番目の結婚は夫に逃げられ、幼い一人息子は脳腫瘍が見つかった。そこへ母の世話した田島という印刷屋の縁談があった。田島は妻に死なれ、小学生の一人娘がいた。

もう結婚に気が進まなかった民子だったが、息子の治療費を出してくれるとのことで、朝から晩まで仕事に追われる新生活を始める。間もなく母を置いて逃げた父の訃報が届く。そして弟の春夫は生活に意欲がなく、大学もやめてしまっていた。

息子の脳腫瘍の手術は成功したが、再発しあと3か月と告げられる。春夫はオルガンを甥のために買ってやるが、職場でのけんかで命を落としてしまう。そして息子もついに死ぬ。だが民子の体には田島の子が宿っていた。そしてその子をぜひ産みたいという気持ちがわいてくるのだった。・・・➡資料?O???????N

上へ

Les vacances de Monsieur Hulot ぼくの伯父さんの休暇 2017/07/07

フランスで、ようやく一般労働者も、バカンスを楽しめる時が来た。「海辺のホテル」には今年もいっぱいの客が集まってきている。ユーロおじさんも、とんでもない爆音を立ててちっとも進まない自家用車を運転して浜辺にやってきた。

それでも伯父さんの振る舞いが一風変わっているので、みんなから好奇の目でみられている。それでもテニスはうまいし、花火大会を自演したり、お葬式に特別出演したりして、それなりにバカンスを楽しんでいる。

良家の子女も興味を示し、一緒に仮装舞踏会で踊ったりもしている。1泊きりでなく、2週間ぐらい同じホテルに泊まるものだから、宿泊客のあいだも親密になって、長いバカンスの終わりにはお互いに名残を惜しんで去っていく。・・・➡資料?O???????N

上へ

Playtime 2017/07/10

舞台はパリといっても、凱旋門やルーブルではなく、オフィス街。ユロ伯父さんは面接のために巨大ビルに入るが、会議屋良見本市やらをやっている人々の中に紛れ込み、一向に用事を果たすことができない。

パリは、外国人観光客が大勢バスに乗って団体で訪れる。アメリカ人が特に多い。パリの街を、そしてオフィス街も物珍しそうに歩き回る。たまたま、新しいレストランが開店した。だが、直前まで内装工事をしていたために、床板が外れたり、電気画商ーとしたり、大騒ぎ。

それでも夜が明けるまで人々は、飲んで食べ朝のパリに散っていく。ユロ伯父さんはある女性観光客と仲が良くなり、お土産屋で、急遽スカーフを買って、ホテルへ帰るバスに乗った彼女に送り届けた。バスはラウンドアバウトの中をぐるぐる回る。・・・➡資料?O???????N

上へ

L'illusionniste 2017/07/18

ひょうきんなウサギを抱えた初老の手品師(illusionist)は、パリでの公演の後、英仏海峡を越えてロンドン、そして仕事を求めてイギリスの田舎町へと巡業に出る。さびれた町の酒場で手品をしていると、掃除係の少女アリスに出会い、親しくなる。

手品師が次の町へ移動するとき、アリスもついてきてしまった。ホテルでは手品師はソファの上に寝て、アリスにドレスや靴を買ってやったり、アリスも頑張って支柱を作って見せたりして、二人の奇妙な旅は続く。

手品師はショーウィンドウの中で演技をするという仕事にありつき、好評を博すが、アリスが青年といっしょに歩いているところを見つけてしまう。寅さんのような助教に陥った手品師は、「この世に魔術師は存在しない、ぼくは手品師だ」との書き置きを残し、ウサギを野に放ち、夜行列車で一人でどこともなく立ち去る。・・・➡資料?O???????N

上へ

次ページ

H O M E > 体験編 > 映画の世界 > コメント集(50)

© 西田茂博 NISHIDA shigehiro

inserted by FC2 system