sitemap

Contact us

ヒンディー語入門

हिंदी

文 法 手 帖

言語編 > 第2外国語 > ヒンディー語 > 文法手帖

動詞変化表

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

homed
=発音の手引き=

辞書の表記順:a aa i ii u uu ri e ai o au ka/qa kha/KHa ga/GHa gha na ca cha ja/za jha na Ta Tha Da Dha na Ra Rha ta tha da dha na pa pha/fa ba bha ma ya ra la va/wa sha sha sa ha

अ आ इ ई उ ऊ ऋ ए ऐ ओ औ

क ख ग घ च

छ ज ज़ झ ञ

ट ठ ड ढ ण ड़ ढ़

त थ द ध न

प फ फ़ ब भ म

य र ल व

श ष स  

<母音-11>

a aa i ii u uu ri ee ai oo au

注: a / i / u にはそれぞれ短母音と長母音の両方が存在するが、e / o に関しては長母音のみなので、一般には ee のかわりに e を、oo のかわりに o を使って表記している。このページでは ee / oo に統一する。

_

母音の辞書配列

日本語のアイウエオと順番が酷似しているのがわかる。この後に下の子音字が続く

<子音+母音> k の場合

का कि की कु कू कृ के कै को कौ
ka kaa ki kii ku kuu kri kee kai koo kau

<鼻音>母音記号は広い場所ではテンの下に”皿”がつくが、狭いところではテンのみ。

आँ काँ कीं
a~ ka~ kii~

<子音・半母音>

not found
ka/qa kha ga gha na
ca cha ja/za jha na
Ta Tha Da Dha na Ra Rha
ta tha da dha na
फ फ़
pa pha/fa ba bha ma
ya ra la va/wa
sha sha sa
ha

_

子音の辞書配列

ka/qa kha/KHa ga/GHa gha na ca cha ja/za jha na Ta Tha Da Dha na Ra Rha ta tha da dha na pa pha/fa ba bha ma ya ra la va/wa sha sha sa ha

注;子音字のほうは五十音と比較すると、母音ほどではないがかなりよく似ていることがわかる。

アルファベット表示上の注意

1:<短音> a/i/u に対し、aa/ii/uu のように母音字を2回重ねたものは相対的な<長音>を示します。

注2;母音字のあとの ~ は、それが<鼻音>であることを示します。

注3;t/T /d/D/r/R のように小文字と大文字のあるものは、小文字が普通の<歯裏閉鎖音>、大文字(発音記号では小文字の真下にテンを打つ)が<そり舌音>であることを示します。

注4;t/th の場合に代表されるように、h のないのが<無気音>、h のあるのが<有気音>です。

注5;na は文字としては5種類ありますが、前後に来る文字によって使い分けます。

_

人称代名詞(主格)一覧

1単 ma~ 1複 ham 2単 tuu 2複 tum/aap 3単 yeh/voh 3複 ye/vo

人称代名詞+ ko 融合形一覧 1単 mujhe 1複 hame~ 2単 tujhe 2複 humhe~ 3単 ise/use 3複 inhe~/unhe~ 
人称代名詞(後置格)一覧 1単 mujhe 1複 ham 2単 tujhe 2複 tum/aap 3単 is/us 3複 in/un 再帰 aapka
人称代名詞(能格)一覧 1単 ma~ 1複 ham 2単 tuu 2複 tum/aap 3単 yeh/voh 3複 inh~unh~
所有代名詞一覧 1単 meraa 1複 hamaraa 2単 teraa 2複 tumhaaraa/aapkaa 3単 iskaa/uskaa 3複 inkaa/unkaa 再帰 aapnee
動詞活用語尾一覧(規則動詞) 語幹

不定形:語幹 -naa 

自動詞不定形 -naa 他動詞不定形 -aanaa/-laanaa 使役動詞不定形 -waanaa

受動態;完了分詞+ jaanaa

命令形: (aap) -iee

:依頼形: (aap) -ieegaa

未来形: -u~gaa/eegaa/e~gee/oogee

不確定未来形: -u~/ee/e~/oo 

複合動詞一覧 進行表現: 語幹+raha/rahe/rahi +コピュラ動詞

継続表現: 未完了分詞+ rahnaa/jaanaa/aanaa

状態表現:(1)自動詞完了分詞+huuaa +コピュラ(2)他動詞完了分詞+huuaa +コピュラ

疑問詞一覧 何 kyaa

誰 kaun

どこ kaha~

いつ kab

なぜ kyo~

なぜなら kyo~ki

どんな kaise

どのくらい kitnaa

何時 Taaim kyaa

どちらの kaoon saa/sii/see

_

基礎文法用語

コピュラ動詞 hai 代用(命令形用) rafnaa代用hootaa

叙述、存在を表すときのコピュラ動詞(1) 主語・属詞 hai ;「主語は属詞です。」(2)場所 par/me~ 主語 hai ;「 B に A があります・います。」 

形容詞句 A ka/ke/ki B ;「 A の B 」

コピュラ動詞の時制変化;現在形 過去形 未来形 不確定未来形

一般動詞 不定詞(名詞的用法) 現在形(未完了分詞+コピュラ動詞現在形) 未来形 不確定未来形 命令形 依頼形

名詞・代名詞(後置格)+後置詞

人称代名詞

不定代名詞

接続詞 そして aur あるいは yaa しかし par

後置詞;par/me~/ ka-ke-ki /se /tak /ko/daaraa ・・・によって/

動詞;ある・存在する honaaできる saknaa/paanaa 成る honaa 持って来るlaanaa 買う khariidnaa 来る aanaa 到着する pahu~cnaa する karnaa 飲む piinaa 食べる khaana与える denaa 行く jaanaa 知っている jaannaa 去る calnaa 好きである rehnaa 愛する paar karnaa 作る banaanaa 会う milnaa 望む・必要とする caahiye 戻る vaapas aanaa 言う kehnaa とどまる Theharnaa 取る lenaa 理解する samajhnaa 望んでいる caahnaa ・・・になる 形容詞+ honaa

代名詞 複数のkaii

名詞 戸口darvaazaa m違いphark m品物ciize f壁diivaar f花phuul m砂糖ciinii f

形容詞 立っているkhaRaa

目的語(人間・特定・既知)+ ko タイプ後置詞

分詞;完了分詞 -aa/-ee/-ii/i~ 未完了分詞 -ta/-te/teii/ti~ 先行時制分詞 -kar (karke)

現在形;未完了分詞(-taa)+コピュラ現在形

能格 ne +(間接目的語 ko )+直接目的語+他動詞の完了分詞

条件文 agar 条件節+to 帰結節

先行時制分詞

後置格+後置詞

代名詞 主格/後置格/属格/融合形(後置格+ ko )/能格

名詞・形容詞 主格/後置格

所有表現(1) 人 ke paas もの hai 「ひとがものを持っている」(所有物)(2)もの ke paas もの hai 「もののそばにものがある」(位置関係)(3)ひと ke ひと hai 「ひとにはひとがいる」(人間関係)

A (人間)+B (もの) A (もの)+B(もの)  A (人間)+B 人間)  

条件文 agaar 条件節 to +帰結節

ヒンディ語基礎文法用語(つづき)

主語+コピュラ動詞 honaa +補語など

代名詞・名詞・形容詞変化;主格 属格 後置格

動詞基本時制;完了・未完了分詞+コピュラ動詞

反復;完了分詞+ karnaa

完遂;語幹+ chuknaa

進行;語幹+ raha +コピュラ動詞

継続;未完了分詞+ rahnaa / jaanaa / aanaa

状態;自動詞完了分詞+ huaa +コピュラ動詞 または 他動詞完了分詞+ huee +コピュラ動詞

不定詞の名詞的用法

意味上の主語+ ko +特定動詞

不定詞+ cahiee / paRnaa / コピュラ動詞

複合動詞; 語幹 A 動詞 B

自動詞→他動詞 -anaa →使役動詞 -wanaa

受身;完了分詞+ jaanaa

関係詞構文;<関係詞+従属節+遠称詞+主節><遠称詞+主節+関係詞+従属節>

形容詞句;未完了分詞・完了分詞+ huaa

副詞句;未完了分詞・完了分詞の男性・後置格

接続詞;ki +従属節

たとえ仮想;未完了分詞・完了分詞・語幹+コピュラ動詞不確定未来形

判事尽かそう;未完了分詞・完了分詞+コピュラ動詞仮定形 hotaa

_

一般語順

日本語と非常に似ている。ただし、「否定語」だけは動詞の前に来る点は西洋語に似ている。主語を省略することが多く、目的語は他動詞の前に来る。たとえば、「試験に合格したら」をヒンディ語の語順で分析すると、imtahaan men paas huuii too (イムタハーン・メン・パース・フィー・トー)「試験・に・合格・した・ら」と5単語で表されるが、その語順も各単語の文法的機能も日本語とほぼ同じであることがわかる。

_

名詞・形容詞・副詞・接続詞・代名詞

多くの西洋語と同じく、名詞には性があり、男性と女性にわかれる。単数、複数の区別もある。そのためそれによる一致の規則を守らなければならない。さらに「格」による語形変化がある。

形容詞は、名詞の単数複数、性別、格による一致があるが、かなり規則的。

副詞は特別な変化形はなく、場所や時間は所定の位置、その他の副詞は動詞の前に置くのが多い。

接続詞は西洋語、日本語系統、いずれとも大きな差はない。

代名詞は、最も日本語とは違っている。1,2,3人称と単数、複数、格の違いのあることは、西洋語と酷似している。特に2人称複数が「あなた・あなた方」の両方を表している点は、ほとんどのヨーロッパ言語と共通している。疑問代名詞の形は複雑だから注意を要する。

_

コピュラ動詞

英語のBE動詞のように思えるが、ヒンディー語の語順は日本語に酷似しているため、むしろ「デス・マス」に近い。「きれいです、生徒です、走ります」におけるマスと同じように、形容詞、名詞、動詞のあとに付けて文を締めくくる。

人称による違いの他、現在形、過去形、未来形がある。又、その前に「完了分詞」、「未完了分詞」をつけることによってさまざまな動詞表現が可能である。この点では西洋語の助動詞の働きにとてもよく似ている。

_

一般動詞

まず多くが「na ナー」で終わる原形があり、これは辞書で検索可能である。語尾変化により、命令形、依頼形を作ることができる。さらに「完了分詞」と「未完了分詞がある。これらは非常に頻繁に使う動詞を除き、規則的に作ることができる。

現在形は、<未完了分詞+コピュラ動詞現在形>の組み合わせで表す。これに対し、過去や完了した事柄については<完了分詞>のみで表すことができる。完了分詞は、さらに近い未来や完了すると予想される動作や変化を表すこともあり、使用範囲が広い。

_

後置詞

いわゆる日本語の「助詞」と非常に近い関係にある。「あなた写真」での「no」と、「このチョコレートは200円です。」の「no」は、日本語では機能が違うにも関わらず同じ語を用いている。(前者は「所有」を表し、後者は「形容詞限定」としよう)

ヒンディー語でも、どちらの場合でも「ka/ke/ki」である。つまりどちらの言語でも名詞を修飾する場合の語は同じ語に任せている。これは朝鮮語の場合にも言える。

「机の上に」や「部屋の中に」にそれぞれ該当する後置詞がある。こちらは機能的には英語の前置詞、on/in に近い。

ヒンディー語が<インド・ヨーロッパ語族>といわれながら、まったく西洋語らしくない最大の点は、後置詞の存在であろう。これは西洋語の前置詞とは逆の位置にある。しかも日本語のように(わたし→わたしは)単にうしろにつけるのとは違い、名詞の形をちょっと変える(後置格)。

ただし、英語の in, at, to, from, などに該当する後置詞などは西洋語的な用法が多い。

_

接続詞・関係詞

後置詞が日本語、トルコ語、朝鮮語などと共通の性質を持っているのに対し、接続詞、関係詞のつかいかたはまるで西洋語的である。この点を強調しすぎると、ヒンディー語はまるでアジアの言語には関係ないような錯覚を覚えてしまう。

_

2種の構文

いわゆる主語(人)と動詞による、「・・・が・・・する」という一般的な構造のほかに、「・・・にとって・・・である」というタイプが非常に多い。

これは英語でも、「これはわたしにとって困難に思える。This seems difficult to me. 」や「この学者は世間に知られている。The scholar is known to the world. 」のような文の場合、主語は This / The scholar となり、人である me / the world は前置詞のあとに置かれて副詞句を作る形式になっているのに似ている。

典型的な例として、日本語で「わたしはおなかが痛い」「わたしは眠い」というところを、ヒンディー語では「わたしにとって腹の中に痛みが存在している」「わたしに眠りが訪れてきている(こんな言い方は日本語にもないわけではない!)」という表現が使われているのだ。

_

格の分類

多くの西洋語と同じく、(あるいは西洋語と似ていると見なした人たちによって!!)ヒンディー語では、主語の働きをする「主格」、後置詞の前につけるときの「後置格」、他動詞のあとに付ける(すべてではないが)「目的格」、意味上の主語を表す代名詞が後置詞 ne ナにつくときの「能格」がある。

これらはよく使う代名詞以外は、お互いに重複する部分も多く、それほど複雑な体系ができているわけではない。

_

「スル」動詞

日本語で「読書する」「恋する」「優勝する」のように、スルは前に名詞をつけてすぐに普通の動詞として使えるが、これはヒンディ語にも該当する。karnaa カルナーといい、名詞のみならず、形容詞、副詞とも結びついて動詞句を作る。

(一般)動詞変化形のいろいろ

ヒンディー語では、西欧語と同じく動詞のあとに特有の語尾音をつけてそれぞれの動詞の働きを決定する。

一般動詞の語形変化(コピュラを除く)
不定詞形(辞書見出し) 基本的には最後は naa でおわる。後置格の場合は -nee
語幹 不定詞形から naa をとったもの。★ただし時制に応じて不規則なものもある。
命令形 2人称代名詞に対応する語幹に、-ee/-oo をつける。
依頼形 語幹のあとに -eegaa/-naa をつける。
未来形 語幹のあとに -uun~gaa/-egaa/-en~gee/-oogee をつける。女性形は -uun~gii/-egii/-en~gii/-oogii
不確定未来形 未来形の -gaa/-gee/-gii をはずしたもの。
未完了分詞 語幹のあとに -taa/-tee/-tii をつける。
完了分詞 語幹のあとに -aa/-ee/-ii/-ii~ をつける。
先行時制分詞 語幹のあとに -kar をつける
進行形 語幹のあとに rahaa/rahee/hahii + コピュラを(それぞれ)並べる。
受動態 完了分詞のあとに jaanaa をつける。
可能(1) 語幹のあとに saknaa をつける。
可能(2) 語幹のあとに paanaa をつける。

_

動詞活用

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

コピュラ動詞 < होना hoonaa > プラス 変化動詞<होना hoonaa> 継続動詞<रहना rafnaa>

不定形 होना hoonaa 後置格形 होने hoonee
現在形 1単 हूँ huu~
23単 है hai
123複 हैँ ha~i~
tum हो hoo
命令形(継続動詞で代用) aap रहिए rahiee 依頼 रहिएगा rahieegaa
tum रहो rahoo 依頼 रहना rahnaa
tuu रह rah
未来形 1単 होऊँगा hoouu~gaa होऊँगी hoouu~gii
23単 होगा hoogaa गोगी hoogii
123複 होँगे hoo~gee होँगी hoo~gii
tum होगे hoogee होगी hoogii
不確定未来形 1人称 होऊँ hoouu~
2人称 होँ hoo~
3人称 हो hoo
過去形 男単 था thaa 女単 थी thii
男複 थे thee 女複 थीँthii~
未完了分詞 男単 होता hotaa 女単複 होती hootii
男複 होते hootee
完了分詞(変化動詞で代用) 男単 हुआ huuaa 女単 हुई = हुयी huuii
男複 हुए = हुये huuee 女複 हुईँ = हुयीँ huuii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<見る deekhnaa >

不定形 देखना deekhnaa 後置格形 देखने deekhnee
命令形 aap देखिए deekhiee 依頼 देखिएगा dekhieegaa
tum देखो deekhoo 依頼 देखना dekhunaa
tuu देख deekh
未来形 1単 देखूँगा deekhuu~gaa देखूँगी deekhuu~gii
23単 देखेगा deekheegaa देखेगी deekheegii
123複 देखेँगे deekhee~gee देखेँगी deekhee~gii
tum देखोगे deekhoogee देखोगी deekhoogii
不確定未来形 1人称 देखूँ deekhuu~
2人称 देखेँ deekhee~
3人称 देखे deekhee
未完了分詞 男単 देखता deekhtaa 女単複 देखती deekhtii
男複 देखते deekhtee
完了分詞 男単 देखा deekhaa 女単 देखी deekhii
男複 देखे deekhee 女複 देखीँ dekhii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<来る aanaa>

不定形 आना aanaa 後置格形 आने aanee
命令形 aap आइए aaiee 依頼 आइएगा aaieegaa
tum आयो aayoo 依頼 आना aanaa
tuu aa
未来形 1単 आऊँगा aauu~gaa आऊँगी aauu~gii
23単 आएगा aaeegaa आएगी aaeegii
123複 आएँगा aaee~gaa आएँगी aaee~gii
tum आयोगे aayogaa आयोगी aayogii
不確定未来形 1人称 आऊँ aauu~
2人称 आएँ aaee~
3人称 आए aaee
未完了分詞 男単 आता aataa 女単複 आती aatii
男複 आते aatee
完了分詞 男単 आया aayaa 女単 आई = आयी aayii
男複 आए = आये aaee 女複 आईँ = आयीँ aayii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<する karnaa>

不定形 करना karnaa 後置格形 करने karnee
命令形 aap कीजिए kiijiee 依頼 कीजिएगा kiijieegaa
tum करो karoo 依頼 करना karnaa
tuu कर kar
未来形 1単 करूँगअ karuu~gaa करूँगी karuu~gii
23単 करेगा kareegaa करेगी kareegii
123複 करेँगे karee~gee करँगी karee~gii
tum करोगे karoogee करोगी karoogii
不確定未来形 1人称 करूँ karuu~
2人称 करेँ karee~
3人称 करे karee
未完了分詞 男単 करता kartaa 女単複 करती kartii
男複 करते kartee
完了分詞 男単 किया kiyaa 女単 की kii
男複 किए = किये kiee 女複 कीँ kii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<行く jaanaa>

不定形 जाना jaanaa 後置格形 जाने jaanee
命令形 aap जाइए jaayee 依頼 जाइएगा jaayeegaa
tum जायो jayoo 依頼 जाना jaanaa
tuu जा jaa
未来形 1単 जाऊँगा jaauu~gaa जाऊँगी jaauu~gii
23単 जाऐगा jaaeegaa जाऐगी jaaeegii
123複 जाएँगा jaaee~gaa जाएँगि jaaee~gii
tum जायोगा jayoogee जायोगी jayoogii
不確定未来形 1人称 जाऊँ jaauu~
2人称 जाएँ jaaee~
3人称 जाऐ jaaee
未完了分詞 男単 जाता jaataa 女単複 जाती jaatii
男複 जाते jaattee
完了分詞 男単 गया gayaa 女単 गई = गयी gaii
男複 गए = गये gaee 女複 गईँ = गयीँ gaii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<与える deenaa>

不定形 देना deenaa 後置格形 देने deenee
命令形 aap दीजिए diijiee 依頼 दीजिएगा diijieegaa
tum दो doo 依頼 देना deenaa
tuu दे dee
未来形 1単 दूँगा duu~gaa दूँगी duu~gii
23単 देगा deegaa देगी deegii
123複 देँगे dee~gee देँगी dee~gii
tum देगे deegoo देगी deegii
不確定未来形 1人称 दूँ duu~
2人称 देँ dee~
3人称 दे dee
未完了分詞 男単 देता deetaa 女単複 देती deetii
男複 देते deetee
完了分詞 男単 दिया diyaa 女単 दी dii
男複 दिए = दिये diyee 女複 दीँ dii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<飲む piinaa>

不定形 पीना piinaa 後置格形 पीने piinee
命令形 aap पीजिए piijiee 依頼 पीजिएगा piijieegaa
tum पियो piyoo 依頼 पीना piinaa
tuu पी pii
未来形 1単 पिऊँगा piuu~gaa पिऊँगी piuu~gii
23単 पिएगा pieegaa पिएगी pieegii
123複 पिएँगे piee~gee पिएँगी piee~gii
tum पियोगे piyoogoo पियोगी piyoogii
不確定未来形 1人称 पिऊँ piuu~
2人称 पिएँ piee~
3人称 पिए piee
未完了分詞 男単 पीता piitaa 女単複 पीती piitii
男複 पिते piitee
完了分詞 男単 पिया piyaa 女単 पी pii
男複 पिए = पिये piyee 女複 पीँ pii~

_

hoonaa deekhnaa aanaa karnaa jaanaa deenaa piinaa leenaa

一般動詞規則変化<取る leenaa>

不定形 लेना leenaa 後置格形 लेने leenee
命令形 aap लीजिए liijiee 依頼 लीजिएगा liijieegaa
tum लो loo 依頼 लेना loonaa
tuu ले lee
未来形 1単 लूँग lu~gaa लूँगी lu~gii
23単 लेगा leegaa लेगी leegii
123複 लेँगे le~gee लेँगी le~gii
tum लोगे loogee लोगी loogii
不確定未来形 1人称 लूँ lu~
2人称 लेँ le~
3人称 ले lee
未完了分詞 男単 लेता leetaa 女単複 लेती leetii
男複 लेते leetee
完了分詞 男単 लिया liiyaa 女単 ली lii
男複 लिए = लिये liiyee 女複 लीँ lii~

_

言語編 > 第2外国語 > ヒンディー語 > 文法手帖

© 西田茂博 NISHIDA shigehiro

inserted by FC2 system